タグ別アーカイブ: ボーナス資産運用

不動産ファンドみんなで大家さん

不動産ファンド、みんなで大家さん。

不動産ファンドとは、投資家から集めた資金(ファンド)を不動産で運用する事です。
投資家から集めた資金によって不動産を購入し、テナントへ賃貸。
家賃収入を投資家に運用益を分配します。

さらに、最終的には取得物件を売却します。
不動産を処理する事で得た売却代金から投資家へ出資金を償還&利益が出た場合は売却益を分配、ファンドの解散終了となります。

不動産ファンドとは、不動産市場が好調な状況を前提としています。
不動産市場が悪化してくると不動産ファンドで取得した物件を高く売る事が難しくなります。
ただ、不動産ファンドとして投資化を募っている以上、一定の時期になれば物件を売却しなくてはなりません。
損失及び利益を確定し、各出資者に配当します。

不動産ファンド、みんなで大家さん。
元本評価の実績もあり、投資先として検討しています。

最近、みんなで大家さん12号、13号と募集中。
みんなで大家さん12号は、想定利回りが7.5%。
不動産ファンド投資としては、利回りがとても良いのですがすでに完売。

不動産市場に影響を受けにくい、家賃収益を分配するシステムに魅力を感じます。
みんなで大家さんは11号と13号が現在募集中。

みんなで大家さん11号は、成田にある成田菊水ホテル。
今後、空港周辺は利用者も増えるであろうから投資をしてもいいかなぁと思っています。

お金にも働いてもらう時代、利回りのよい不動産ファンド投資を検討してみてはいかがでしょうか?

みんなで大家さん

不動産ファンド東京建物インベストプラス14

不動産ファンドの老舗、東京建物インベストプラス。

「インベストプラス14」の対象物件は、新宿から徒歩7分。
「新宿センタービル」優良ビルが対象。
匿名組合に出資することで賃貸事業の成果(賃貸利益)を分配金として受け取ることができます。

東京建物インベストプラス14は、300万円~の投資が可能。
300万円の投資ときくと高額に思える。
東京都内新宿にある魅力的な物件に対して投資ができるんだと思うと小額にも思える。

元本の安全を守るためのシステムも導入しているそうです。
優先出資/劣後出資方式
元本の評価方法 
分配率安定の仕組み

さらに、投資を行う際に解約型と非解約とセレクトできるそう。
非解約型のほうが、勿論利回りがよい。
ホームページだけだと比較しずらいので気になるファンドがあれば
資料請求を行う事をおすすめします。

東京建物インベストプラス